「しわ」・・・自然老化より 光老化

一番の原因は紫外線 「自然老化 より 光老化」

どんなしわも根本的な原因は、もちろん「皮膚の老化」。
真皮層にある「コラーゲン」や「弾力線維(エラスチン)」が加齢により、量が減少したり変性することにより、肌の弾力が失われてきてしまいます。
しかし、最も大きな外的要因は何といっても「紫外線」です。紫外線は、いわゆる「日焼け」を起こすものと思われがちですが、それだけではなく、「光老化」というものを起こすのです。
いつも衣服で覆われている部分とちがい、顔は常に露出しており、「光老化」紫外線UV-Aに侵されやすく、シワも目立ってくるのです。

健康な真皮では、コラーゲンがしっかりと集まって束を作り、真皮の支柱役をになっています。また、その間をエラスチンがゴムのバネのように張り巡らされています。
ところが、紫外線にあたるとコラーゲンは小さく切断され、エラスチンを変性させる酵素が分泌がなされます。そして、皮膚が弾力を失ってたるみ、シワとなるのです。

わずか数分間紫外線を浴びただけで、数時間後には私たちの皮膚のコラーゲンを切断する酵素が作られ始めます。
特に、長年紫外線を浴び続けた肌は、コラーゲンが小さく切断された状態になっています。
子供の頃はつぎつぎと新しいコラーゲンやエラスチンを作る能力があるので、新しい線維ができ、しわになりません。
しかし、年齢を重ねた肌は、新しい線維をつくる能力がだんだんとおとろえて、傷ついた線維がのこり、シワとして蓄積されると考えられます。


小じわには保湿が優先

もうひとつの大きな原因は、乾燥です。ずっと乾燥にさらされると、角質層の表面が乾いてはがれやすくなり、隙間ができてきます。
この隙間から、表皮の水分が蒸発していきます。その結果、水分を失った皮膚は薄く硬くなり、小ジワが出来てしまいます。
もっとも、本来、角質層には水分の喪失や外部の有害物質の侵入を妨げるバリア機能があります。
そのため、健康な皮膚なら乾燥しません。しかし、20歳を過ぎた頃から、肌は乾燥がちになってきます。
これは、角質細胞の保湿力を担うアミノ酸と、角質細胞をつなぐ細胞間脂質が、年齢とともに減少するからです。


活性酸素

ストレスや喫煙などで活性酸素が発生。肌が酸化することにより、真皮層のコラーゲンが変質して硬くなり、弾力がなくなります。


角質や真皮層の弾力低下

加齢により、角質層の天然保湿因子(NMF)や細胞間脂質の量が減ってきたり、真皮層のコラーゲンやエラスチン、その間を埋めるヒアルロン酸などの量が減少して肌の弾力が低下してきます。


女性ホルモンの減少  閉経も大きく関係します

女性ホルモンは皮膚の弾力を支える真皮層コラーゲンやエラスチンや角質層のヒアルロン酸の生成にかかわってきます。女性ホルモンは20代から30代前半をピークに減少し始めます。


顔の筋肉の緊張

顔をしかめたり笑ったり。これらは次第に眉間や目じり、額などに「表情じわ」となっていきます。


できる前の予防の意識、しわができないようにしっかり予防

以上のような原因から、しわを食い止めるには、万全な紫外線対策と乾燥対策が必要となってきます。
まずはサンスクリーンと保湿効果の高いスキンケアでのケア。
紫外線から肌を守るためにはUVA、UVBが十分にカットできるサンスクリーン剤を、角質層のバリア機能を高めるためにも保湿剤を使うことが大切です。
ストレスをためない規則正しい生活を心がけることも大切です。

おすすめアイテム  クレンジングアーモンド
          サンフラワーティシュ―オイル
          ウィートジャームビュティーマスク
          マシマロスキントニック
          CCエッセンス
          ハネービュティーバルム
          モイスチュアークリーム



出来てしまったしわには?

もちろん、それ以上の進行がないように、日々のスキンケアで乾燥対策、紫外線対策を行うことが必要です。
スキンケアで しわを薄くする方法も!

あなたの気になるお肌を診断をさせていただきます。
↓↓ご希望の方はこちらをクリック↓↓
スキントラブル診断シートバナー