自然化粧品によくあるご質問、光毒性によるお肌への心配。

ブログへのご訪問ありがとうございます!
素肌美人は心美人
かれん新潟  藤井万理です。

昨日は
2月14日バレンタインデー❤︎
ドキドキの告白をされた方もいらっしゃるのではないでしょうか?

今時はバレンタインで告白!なんてしないのかな〜〜?!

メールで告白、お別れも多いとききます。
今時の恋愛事情ですよね。
ドキドキのする甘酸っぱい恋も良いものですが(^^)

さて、今日は自然化粧品によくあるご質問についてお答えしていきたいと思います。

美白美容液にもよく配合されている成分に、ビタミンC誘導体、プラセンタ、コウジ酸、エラグ酸、アルプチン酸、4MSKなどがあります。

この中でもシミと言ったら、ビタミンCが使われていることも多いです。
もちろん、メラニンの排出をするには不可欠なビタミンです。

シミそばかすに、ハイチオールC!とか?
聞いたことがありませんか?

サプリや生の果物からも体に摂取してホワイト二ングのケアはもちろんですが、
アロマや植物などに詳しい方から、
よくご質問があがりますので今日はそこについてシェアさせていただきますね。

先日発売になり、即完売しました、
美白美容液
ホワイトハーブエッセンスの成分について、精油やビタミンCってお肌に日中つけても大丈夫ですか?との質問がありました。

特に柑橘系の植物、エッセンシャルオイルなどを使うと光毒性を心配される方がいらっしゃいます。
光毒性をご存知でない方もいらっしゃると思いますので簡単にご紹介いたします。

■精油(エッセンシャルオイル)の光毒性とは
精油の中には、高濃度で肌についた状態で紫外線に当たると、皮膚にダメージを与えてしまう光毒性を持つものがあります。
一部の精油に含まれるフクロマリンという成分は、紫外線のエネルギーを蓄積し皮膚内で放出させる性質を持つため、短時間で肌が強い日焼け状態を起こしてしまう可能性があるのです!シミを作ったり、皮膚の組織を損傷したり、肌ダメージを与えてしまう危険性があります。
Lifebeautyreportより引用。

自然化粧品て大丈夫?
精油って大丈夫?

サンダースペリーで扱っている、クレンジングレモンやヒマワリオイルなど、使用している柑橘系のエッセンシャルオイルからは、フクロマリンの成分を除去しております。

美白美容液ホワイトハーブエッセンスについては光毒性のある精油は使用しておりません。

ホワイトハーブエッセンスの柑橘系成分でいうと、レインボーレッドキウイになりますが、
このキウイはエキスので使用になりますので精油ではないためご安心ください^_^

では、よく美白美容液等に聞かれる、
ビタミンCはどうなのでしょう?

気になりますね。
ビタミンC自体に光毒性はないのか?

回答として・・・
ビタミンCに光毒性があるという事実はありません。

考えられるとしたら、
ビタミンC=レモン というイメージで、
「ソラニン」という成分を連想させてしまうところに誤解が生じるかもしれません。
レモン果汁にはソラニンが含まれており、紫外線を吸収させる作用があります。
これが日焼けの原因となり、肌ダメージを与えてしまうようです。
化粧品に使われるビタミンCには、
ソラニンは含んでいないので安心して大丈夫です。

以上の内容からして
ホワイトハーブエッセンスについては日中お肌にのせていただいて大丈夫です^ ^

画像の説明

発売開始からすぐに本社完売になりました!
ホワイトハーブエッセンス第2弾がやっと入荷しました!

大変お待たせいたしました。
順次、発送、お渡しをさせていただきます(*⁰▿⁰*)

画像の説明

香りや自然なものがお好きな方!
シミを自然な方法で薄く綺麗にしたい方!

2回分のお試しサンプルプレゼントしております♬お気軽にお試しください^_^

ホワイトハーブエッセンスのサンプル希望の方はこちらから。

かれんトピックス♬

先日、かれんの販売関係者のお一人である、
原新一さん、あさみさんの結婚披露パーティーでした(*⁰▿⁰*)

画像の説明

私の理想の人でした❤︎

と、あみちゃん。

画像の説明

幸せオーラ全開のお二人をみて
幸せのお裾分けをいただいちゃった❤︎
私も幸せになれそう(*⁰▿⁰*)

末長くお幸せに〜〜!!

画像の説明

コメント


認証コード1154

コメントは管理者の承認後に表示されます。