お着物メイクは、品よく華やかに。

かれん新潟のブログへの
ご訪問ありがとうございます。

素肌美人は、心美人

かれん新潟を代表しています。
藤井万理と申します。

今夜は、ブログにもアップしている
ミュージカル 赤毛のアンの

打ち上げに参加してきました。

この赤毛のアンの
体験は子供には、
素晴らしい経験になったことと思います。

劇団が混ざり合い、
自分以外の劇団員を見て触れて、育てられ、ひまわり同様、
劇団アプリコットさんも素晴らしい。

親子共に
成長するいい機会になりました。

画像の説明

メイク後のキャストさんとパチリ。

今日はフェイスブックにも
アップしたように、

お着物メイクについてです。

舞台メイクの後にお着物メイク。
なんだかメイクづくしの連日です、

お着物を着る機会はそんなに
あるものではなく、
たまに着るからなおのことどーする?

メイク。と感じたことはないですか?

洋装ではないので、着物のメイクには、
お約束があることを
知っておけば大丈夫!

まず、ベース

画像の説明

素肌に近いながらも、下地から
ピンクのコントロールカラーが
おすすめです。

一段いつもより明るいお色の
ファンデーションを選びます。

画像の説明

いつもより、やや、しっかり
作り込んでください。

眉毛

ふとまゆ やや短め。
こちらの画像からもわかりますね。

画像の説明

アイライン、マスカラ

画像の説明

ふだんいれなくても
お着物のときは
しっかり入れましょう。
やや囲み目ラインにします。

目全体的に囲む。

チーク

少し広範囲でOK

パウダーより、クリーム状の
ものがおすすめ。
しっかりついて色長持ち!

画像の説明

口紅

艶がありながら
色みがある方が良い。
輪郭をしっかりとるのがポイント!

画像の説明

ヌーディなお色は、
アイメイクがしっかり入った時のみOK。

画像の説明

着物のか華やかさに負けないことが大切。

いつもより仕上がりが華やかに。
お着物メイクも楽しんでみてくださいね。

メイクの詳細

ご紹介したメイク、
ナチュラグラッセ取り扱い店はこちらからクリック。

コメント


認証コード3941

コメントは管理者の承認後に表示されます。